ホーム  » 愛車を高く売る  » 売却手続きと必要書類  » ローンの残債はどうなる?

ローンの残債はどうなる?

愛車を高く売る

車を売却する際に気になるのが、名義変更をはじめとする手続きです。なかでもローンの残債が心配な人は多いはずです。

車を購入するときに、多くの人がローンを組んでいます。この場合、ローンの支払いを完了しなければ正式な所有者とはなりません。書類上はローンを組んでいるクレジット会社などの名義です。本来、車を勝手に売却することはできません。

それでも車の下取りや買取りに出すことはできます。ローンを完済すればいいのです。具体的に買取専門店の例を見てみましょう。大きく2つに分かれます。

仮に、ローンの残債が100万円、買取額が150万円と、買取額の方が多い場合です。このときは単純に買取金額から残債を引いた金額が支払われます。

もう1つはローン残債が買取金額より多いとき、たとえばローン残債が150万円、買取額が100万円のときです。この場合は、ローン会社へ50万円を支払い、その分を新しいファイナンス会社でローンを組んで支払う方法が一般的です。要は借り換えをすることになります。現在はこのようなシステムがほぼ整備され、ローン残債の心配なく車を売却できます。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!