ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント1  » 車検切れが近いとき

車検切れが近いとき

愛車を高く売る

オーナーにとって大切なのは、日頃の点検や整備をきちんと行っていたかどうか

愛車の車検の残りが少ない場合、車検を受けてから査定に出した方が有利だろうと思う人もいるでしょう。ところが、車検を通してから査定に出しても、その費用が査定に上乗せされることはほとんどありません。

車検の残りがあと1、2カ月しかないような場合、査定額に微妙に影響するのはたしかです。しかし、ディーラーにしろ車買取専門店にしろ、プロは安いコストで車検を通すことができます。そのため、仮にオーナーが車検を通すために出費しても、査定額にプラスすることはできないのです。

むしろオーナーにとって大切なのは、車検を通すことよりも、日頃の点検、整備をきちんと行なっているかどうかです。その記録(オイル交換など)が残っている場合は、1つにまとめてアピールすれば、査定担当者に好印象を与えるのは間違いありません。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!