ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント1  » 下取り価格、新車と中古車の違い

下取り価格、新車と中古車の違い

愛車を高く売る

新車を買うためディーラーで下取り査定をする場合

車の買い換えのとき、大半のオーナーは下取りを利用しています。ただ、ディーラー(新車購入)と中古車販売店など(中古車への乗り換え)では、査定額が異なってくることを認識しておいてください。

新車を買うため、ディーラーで下取り車を査定してもらう場合、新車の値引き幅も下取り車の査定額に加算されることがあります。とくに新車がディーラーの売りたい車種であれば、売りたいという思惑が働いて有利です。

しかし、新車の値引き幅を極端に大きくすることは通常できません。あまり値引きをすると、新車自体の評価が低下する恐れも出てくるためです。そこで、下取り車の査定にプラスして計算します。

中古車を買うため中古車販売店で下取りする場合

中古車への乗り換えのため、中古車販売店などでクルマを下取りに出す時はどうでしょうか?
この場合、中古車は新車ほど値引きができないため、下取り車の査定は一般的に新車購入と比べて低くなりがちです。

ただし、買取専門店の場合はこの例に当てはまりません。地域ごとの車の需要などを踏まえて、車の効率的な売買をしているためです。例えば、4駆車は雪の多い東北、北海道で販売するような工夫です。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!