ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » 車両保険の利用法

車両保険の利用法

愛車を高く売る

車を売却しようと思っていたところ、運悪く事故を起こしてしまった。こんな場合、修理するかどうか悩むところです。

普通は、そのまま査定に出した方が得です。しかし、一般車両保険(ほとんどの車両事故に対応)をかけているとき、ケース次第では保険を使って修理した方が得をすることもあります。

免責額(自己負担)と翌年の保険の等級ランク低下(3等級低下)によるマイナス、さらに査定額の差をトータルで計算し、プラスになるかどうか判断します。

仮に免責額5万円、保険の等級ランク低下によるマイナス金額2万円とした場合、7万円の出費になります。この場合、修理によって査定額が7万円以上アップするのであれば、自分で修理した方が得という計算になります。微妙な問題ですから、査定をしてもらった店で相談するのも方法でしょう。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!