ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » 事故車も売れる時代

事故車も売れる時代

愛車を高く売る

事故車、修復歴車は、当然ですが買取額は低くなります。程度にもよりますが、買取に応じてくれない店もあります。反面、事故車の買取に積極的な店も増えてきました。

実際、普通のメンテナンスをしていれば、日本車はガソリン車でも10万キロ、10年程度は楽々で、ディーゼルでは20万キロ、30万キロも何ら問題ありません。

海外の一部では、日本の市場で流通不可能な車でも修理して販売するのが一般的です。走行できなくなった中古車のエンジンやミッション他のパーツを取り外し、単体で日本から輸入し、現地で組み立てるのも普通のことです。

このような海外の自動車事情もあり、それまで廃車にしかならなかった車に値が付くようになりました。実際に、ネットで検索するといくつもの業者がダメージカーの買取に応じています。

愛車の状態がひどくても廃車しかないと思わず、査定してもらうことをお勧めします。これも大切な車の有効活用、資源の再利用と言えます。とくに海外で需要の高い4駆モデル、ディーゼル車、2座席のスポーツモデルなどは有利です。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!