ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » 小さなキズが目立つときには

小さなキズが目立つときには

愛車を高く売る

姑息な手段と言われるかもしれませんが、ボディに小さなキズが目立つときには、あえて洗車しないで査定に持ち込む方法もあります。ただし、あまりに汚れがひどい場合は査定担当者の印象を悪くするので逆効果です。

目安は、ボディ表面にホコリが薄く付着している程度です。駐車場や天候の違いもありますが、洗車して2週関前後経過した状態と言えばわかりやすいかもしれません。

薄くホコリがボディに乗っていると、ボディの小さなキズを適度に隠してくれます。そこで査定を依頼した場合、キズがマイナス点になりにくいのです。

仮に、後でキズを見つけられたとしても、ホコリで隠れる程度のキズで査定額が減額されることは少ないものです。しかし、慎重な店では、車を預かって査定するため、この方法は使えません。軽くボディを洗ってから査定に入る場合も多いからです。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!