ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » 曇りの日の査定で車の粗を隠す

曇りの日の査定で車の粗を隠す

愛車を高く売る

車の細部がはっきり見えると、査定が不利になることも少なくありません。同じキズやヘコミでも、その日の天候次第で印象が大きく変わるものです。

小さなキズ、擦りキズなどが多く、ボディの状態に自信がないときには、曇りの日に査定を受けるのも方法です。洗車もほどほどにして、薄くホコリがボディの表面に浮いている程度にします。この条件のときが、最もキズが目立ちにくいからです。

ただし、はっきりしたキズだけは、どうしてキズが付いたのか、自分から説明する方が有利です。そのことで担当者が信頼してくれ、ホコリに隠されたキズには関心が向かなくなるからです。

ボディにキズがなく、塗装の艶もいい高年式車は、逆に晴天の日の査定の方がいい場合もあります。状態の良さをはっきりと示すため、ワックスで磨き上げておけば完璧です。タイヤも真っ黒に仕上げることを忘れずに。また、逆に車を買うときは晴天の日がお勧めです。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!