ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » オプションは付けて売る? 外して売る?

オプションは付けて売る? 外して売る?

愛車を高く売る

クルマを手放すときに気になるのがオプションの評価です。新車への買い換えの場合、ディーラーに下取り車に装着されているオプションがメーカー純正品で、グレードが高ければ、査定額にプラスされることもあります。

しかし、メーカー外のオプション装備は、新車ディーラーでは、さほど価格が付かないと思った方がいいでしょう。ディーラーではなく、買取専門店では、パーツの買い取りリストを整備し、加算してくれるところが増えてきました。少しでもパーツに値段を付けてほしいなら、そのまま買取専門店に売却するのが有利です。

高額なパーツなので、車と別に単体で売りたい人もいるでしょう。その場合は、取り外した後にクルマをオリジナルに戻すことが可能であれば、外して買い取りショップやネットオークションで売る方法もあります。外した跡を修復するために費用がかかるときは、プラス、マイナスを計算して判断します。

社外品のエアロパーツやサスペンション、排気系などは、取り外してもクルマを元の状態に戻すには費用がかかり過ぎます。パーツも単品で売ることはほぼ無理です。これら「走り屋」のイメージが強いパーツには買い手が付きにくいためです。車を現状のまま、スポーツモデルなどを得意とするショップに持ち込む方法がいいでしょう。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!