ホーム  » 愛車を高く売る  » 高く売るためのポイント2  » 売るタイミングによって査定額が変わる?

売るタイミングによって査定額が変わる?

愛車を高く売る

極端ではありませんが、車種によって需要に小さな波があります。夏休み前や初冬の頃には、4駆モデルの販売が増えます。季節ごとのアウトドアレジャーの利便性が高いためです。

梅雨が終わった時期と夏の終わりには、少数派ですが2座席のオープンモデルの人気が高まります。また春先やボーナス前には、軽自動車、コンパクトカーがよく売れます。学生やボーナスを手にした新社会人が、最初の車として使いやすい車を購入するためです。

昔ほど季節ごとの車種人気に大きな偏りはありませんが、中古車を売却する際に頭に入れておいて損はありません。例えば、アウトドア仕様の本格的な4駆モデルならば、梅雨明けの頃や、富士山に初雪が降ったニュースが流されるような時期が向いています。

ただし、車は月単位、週単位で査定額が下がります。とくに年度が変わると、1年旧式になるため不利になります。こういった事情を踏まえると、売り時に神経質になるよりも、自分が売りたいときに売るのがベストと言えるでしょう。お勧めしたいのは、2、3の店の担当者に、自分の車の最も有利な売り時を聞いてみることです。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!