ホーム  » 愛車を高く売る  » 車買取専門店とは?  » 輸入車・旧車の買取査定はどうなる?

輸入車・旧車の買取査定はどうなる?

愛車を高く売る

yunyuusya.jpg

輸入車は、特定車種に人気が集中しているのが現状

輸入車が増えてきたと言っても日本ではまだ少数です。価格が高いことに加え、故障しやすいというイメージが強く残っているのも、輸入車の増加を阻んでいるようです。中古輸入車も、修理や定期点検などで維持費がかさむという認識があり、販売は想像ほど伸びているとは言えません。

輸入車の買取査定では、これら輸入車の特徴が反映されると同時に、特定の車種に人気が集中する傾向があります。
具体的には、BMW、メルセデス、アウディなど、日本で人気のドイツ車の他、コンパクトで乗りやすいプジョーなどで有利な査定が出やすくなります。

反面、マイナーな輸入車の中古車は需要が少ないため査定額は低く、とくにアメ車は顕著です。また、低年式車になると輸入車はさらに厳しく、査定が付かないことも珍しくありません。

最近は輸入車の買取に積極的な業者も増えている

それでも、最近は大手買取専門店をはじめ、輸入車の買取に積極的な業者が増えてきました。
特にインターネットの一括査定サービスには、輸入車を専門的に扱っている業者も参加し、人気薄の輸入車にも相応の査定額が提示されるようになってきました。潜在的な輸入車の需要を掘り起こしている面もあります。

マニアが欲しがるモデルなら、査定をしてみませんか?

輸入車と同じような問題は、個性で売っている旧車にもあります。20年、30年前の名車と呼ばれたモデルに大切に乗っているユーザーもいますが、一般的に、自分の車への気持ちが十分に反映された査定額は無理でした。

今は、ネットの一括査定などを利用することで、意外な高値が付くこともあります。旧車でも、とくにマニアが欲しがるようなモデルであれば、インターネットの査定を試してみてはどうでしょうか。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!