ホーム  » 愛車を高く売る  » 車買取専門店とは?  » 買取価格・査定価格の基準

買取価格・査定価格の基準

愛車を高く売る

買取専門店が車の買取価格を決める基本となるのは、オートオークションでの人気度です。人気車種で高年式、程度極上であれば高く、逆の車が低くなるのは当然です。

車種を問わず、買取価格を左右するいちばんの要素は年式です。それでは、車は1年でどのくらい価格が下がるのでしょうか? 税法上の減価償却の数値を参考にすると、ある程度わかります。

車の減価償却(耐用年数)の年数は6年(軽自動車は4年)で、償却率は0.166、残存価格10%です。償却率は言い換えると価値が下がる率のこと、残存価格はこれ以上は下がらない価値のことです。

計算してみましょう。車両価格100万円の車は、登録した瞬間に、100万円×(100%/新車時の価値−10%/残存価格)×0.166(償却率)=14万9,500円下がります。四捨五入すると、1年で15万円価値が下がることになります。

車の価値にすると、買った(登録)時点で100万円−15万円=85万円、以下、2年目は70万円、3年目55万円、4年目40万円、5年目25万円、6年目10万円(残存価値)となります。

この基本的な価格を元に、人気度、程度などを考慮して買取価格が決まります。人気モデルは、この計算式の数値を超えて取り引きされ、それが買取価格に反映されます。

年式の次の要素は色です。車種によって一概に言えませんが、一般的に白と黒が有利です。他の要素が全て同程度でも、色の違いで数十万円もの違いが出ることがあります。

他にプラス査定の要素としては、グレードが高い(高級仕様)、純正オプション(マルチナビ、サンルーフ、革シート他)、アルミホイール装着などがあります。

大手買取専門店のなかには、社外オプションであっても、純正よりも人気のある製品については高い査定を提示するところもあります。全般的に、個々の要素をプラス評価してくれる専門店がお勧めです。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!