ホーム  » 愛車を高く売る  » 車買取専門店とは?  » 車買取と下取りの違いとは

車買取と下取りの違いとは

愛車を高く売る

kaitori-shitadori.jpg新車への買い換えや中古車への乗り換えのとき、あるいは車を完全に手放す場合、通常はそれまで乗ってきた愛車を下取りに出すか、買取専門店などに売却することになります。

下取りは次の車購入費の一部に、車買取は売却後現金化できる

下取りの場合は、ディーラー(新車購入)か中古車販売店(中古車への乗り換え)などに愛車を持ち込み、査定してもらいます。そこで条件が折り合えば、提示された金額を次の車の購入費の一部に充当します。これに対して、車を買取専門店などに売却し、現金化するのが買取りというわけです。

あなたの愛車は中古車市場で、人気車種ですか?

ここで考えたいのが、あなたの愛車が人気車種かどうかということです。中古車市場で人気のある車は、一般的に新車を扱うディーラーよりも、買取専門店の方が査定価格が高く出る傾向があります。その理由は、車の人気度が査定に影響するかどうかの違いにあります。

愛車が人気車種なら車買取専門店での査定をおススメします!

ディーラーでは、基本的にクルマの査定はマニュアルに従って評価されます。仮に市場で人気のあるモデルでも、「人気度」のような主幹的な要素を加点することはありません。

具体的には、新車価格を基準に、年式やグレード、走行距離、事故歴、全般的な程度などをチェックし、減点法で査定するだけです。言い換えると、ベテラン査定士でも新人でも、基本的に同じ査定額が出てきます。
対して、車買取専門店や中古車販売店などでは、中古市場での流通価格を基準に査定します。現在では、ほぼオートオークションでの落札価格が基準となります。オークション会場では、中古車市場で高値で売れる車は誰もが欲しがるため、結果として高値で落札されます。

買取専門店では、この金額が査定額に反映され、人気車種はディーラーよりも高い査定額が付く傾向にあります。そのためにも、愛車の人気度、市場価格を調べておく必要があります。

完全無料!32秒のカンタン入力で最大10社の査定額をチェック!